外国人の印鑑?


ところで日本在住の外国人の方の場合印鑑それも実印が必要となる場面ではどうしているのでしょうか。実は英字の印鑑やカタカナ、平仮名の印鑑も作成は可能なのです。なかには自分の名前に当て字で漢字を設定して印鑑を作る外国人の方もいらっしゃるようです。外国の方が日本の漢字に憧れを抱くケースは多いですので、思い出作り半分できちんとした印鑑を作るのも楽しいのでしょう。

お土産として印鑑を作って行かれる外国人の方もいらっしゃるようです。もちろん名前の文字数によっては対応できないケースもあるので、外国人の方がネットで印鑑を注文する場合は事前に連絡をして対応可能かどうか調べる必要があります。

日本人であっても外国人であっても、日本の社会で生活する限りいろいろな場面で印鑑を用いることがあります。そのような場合に備えて一つきちんとした印鑑を作成しておくことをおすすめいたします。素材などからしっかりとこだわりたい場合はぜひ店舗に趣いて作るといいと思いますし、ある程度安価に、そして迅速に印鑑を購入したい場合はネット通販を利用すると良いかもしれません。自分のオリジナリティを存分に出した印鑑を作るのも良いと思いますので、ぜひ専門店に相談してみてください。

印鑑の価格


貰い物の印鑑をそのまま使っているという人もいれば、改めて印鑑を作りに行ったという人もいると思いますが、実際のところきちんとした印鑑を作るとなるとどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。あまりにも価格の幅がありすぎるので、正確な平均値を取ることはできませんが、ある程度きちんとした平均的な印鑑を作るのに大体10000円前後かかるのが一般的なようです。通販サイトで注文した場合早ければ翌日くらいには届く場合もあるようです。もちろん安く抑えようと思えばいくらでも安いものはありますし、逆に高価なものを見ればキリがないという感じでしょう。

若い人であればそこまで素材などにこだわることもなく、安い印鑑をそのまま実印として使用する人も多いかと思いますが、ある程度の年齢になったら実印の素材にもこだわっていきたいところです。簡単に安いものを選ぶよりももっと吟味して質の良いものを選んだほうが長く使えて良いかもしれません。

店舗に趣いて印鑑を買うのとネットで買うのではネット販売のほうがずっと安く購入することができます。その代わりネットでは素材を直に見て触って選べるわけではないですし、原則として返品というのは難しいようです。