印鑑の歴史


そもそもこうした印鑑、実印という文化は日本の中でいつごろから根付いてきた文化なのでしょうか。今現在の制度は明治6年の太政官布告で実印を捺印するという制度が定められました。もちろん印鑑つまりハンコの文化自体はもっと古くまでさかのぼります。戦国武将もやはり現在の高価な印鑑にも似た立派なハンコを作っていたようですし、平安時代にも花押というものが用いられていました。そしてどんどんとさかのぼると印鑑は奈良時代に中国の官印というものが役所で使用される印として制度化されたことがわかっています。この頃は今のように誰でも私用の印鑑を持っているような時代ではなかったようです。

現在では一家庭に印鑑がいくつもあるのが普通になっています。多くの家庭では一番立派な印鑑を実印にするというイメージがあると思います。印鑑は目的によって使い分けるのが便利だと言う意見も多いようです。宅配便の受け取りのときなどに用いるための三文判や金融機関で用いるための銀行印などもあります。また文字書体もそれぞれ違いますし、好みもありますので、素材や書体、価格を比べてどんな用途に使うかを決めると良いでしょう。学校を卒業するタイミングでしっかりとした印鑑を持つようにする人も少なくありません。

実印の印鑑とは?


日本人の社会生活において非常に重要なアイテムである印鑑、特に実印ですが、海外に住んでみるとこれが非常に独特の文化であることにも気づきます。一人の社会人としてだけでなく、会社を経営している人などは会社の印鑑というものにも大きな意味があることを知っています。印鑑というのもはわたしたちの生活において貴重なものなので、なかにはかなり高いお金を払って高価な印鑑を購入する人もいます。

特に実印というものはとても大事なものですが、若い人であれば実家を出るまではこの実印というものの重要性にそこまで気づかない人も多いのではないでしょうか。まずこの実印とは何のことなのでしょうか?実印とは「住民登録をしている市区町村の役所で登録した印鑑」のことを言います。この実印には当然自分の戸籍上の姓名を彫っておくわけですが、どんなに立派な印鑑でも登録をしていなければ実印とは呼びませんし、逆に百均で購入した印鑑でも登録すれば実印と呼ばれるようになります。

実際この実印が必要になるよくある場面としては、自動車を購入したり譲り受けたりして陸運局に登録するときなどに実印が必要になります。他にも不動産の取り引きや遺産相続などがあるときに実印が必要になります。公正証書の作成や金銭などの貸借証書、正式な契約書などにも実印を押印する必要があります。いざその段階になってから登録をしようとすると手間ですので、きちんと自分の実印というものを決めて登録を済ませておきましょう。